ミエルドアンジュ 副作用

副作用はない?気になる成分を詳しく解説

ミエルドアンジュを使うことで、肌に副作用のような症状が現れないか…気になるところですよね。

 

特に、日ごろから肌状態が悪かったり、敏感肌だと感じている人は、使う化粧品にはとっても気を遣っています。

 

そこで、ミエルドアンジュの成分について、副作用が起こらないのかを調べてみました。

 

 

まずは、うるおい成分として欠かせない「水溶性プロテオグリカン」です。

 

ミエルドアンジュの主成分となっている水溶性プロテオグリカンは、これ自体に副作用はありません。

 

ですが、注意しておきたいのは、過剰に使い過ぎた時に、痒みなどの肌トラブルがごくまれに起こってしまう可能性があるという点。

 

パックとして週に1回程度の使用であれば問題はありませんが、あまり多く使いすぎてはいけないということを頭に入れておきたいですね。

 

 

次に、美白成分である「ビタミンC誘導体」、「フラーレン」、「プラセンタ」、「アルプチン」、「トラネキサム酸」です。

 

これらについても、成分自体が副作用を起こす可能性はありません。

 

薬ではないので効果も優しく、化粧品の成分としては肌に優しく溶け込むので、安心して使えます。

 

特に、「トラネキサム酸」に関しては、皮膚科で行うシミ治療でも活躍するほど、安全性が高い成分として注目されているんです。

 

 

他にも、「ヒアルロン酸」、「はちみつ」、「豆乳発酵液」、「水溶性コラーゲン」などが配合されていますが、これらに関しても上で紹介した成分と同様です。

 

薬のように急激に肌に変化をもたらしたり、治療したりする成分ではないので、肌への負担が少なく、優しい効果が期待できます。

 

 

ですが、もしも使っていて、いつもとは違う痒みや赤み、カサつきがひどくなるなどの悪い変化が表れた時には、無理に使わないようにして、様子を見ることが大切!

 

肌をきれいにするパックで、状態を悪くしてはいけません。

 

ですが、正しく使っていれば、問題が起こることはまずないので、安心して使ってくださいね。

 

⇒販売店情報はこちら

関連ページ

ミエルドアンジュの「雪肌」成分はコレ!特別なパックをめしあがれ
ミエルドアンジュで雪肌になれるヒミツの成分とは?その美肌効果を支えるミエルドアンジュの成分をご紹介しています。
とっても簡単な使い方とは?
ミエルドアンジュの使い方を解説しています。ミエルドアンジュの正しい使い方をマスターして効果を実感しましょう!