ミエルドアンジュ 使い方

とっても簡単な使い方とは?

ミエルドアンジュは、お風呂でも使えるパックです。

 

でも、使い方は難しくないの?面倒くさくないの?と、使用方法は気になりますよね。

 

では、ミエルドアンジュの使い方について、ご紹介したいと思います。

 

 

まず、いつも通りにお風呂に入って、クレンジングと、W洗顔が必要な場合には洗顔も済ませておきます。

 

パックで有効成分をしっかりと補いたいので、汚れを残さないように丁寧に洗いましょう。

 

洗顔まで済ませたら、ミエルドアンジュを手に取って、伸ばしていきます。

 

この時の適量は、肌色が見えないくらいの厚みで塗れる量です。

 

薄く塗ってもパックの意味がありません。

 

美肌のための成分を贅沢に入れこむためにも、贅沢に使っていきましょう。

 

 

この時、クリームを塗るように伸ばしていきますが、自分が肌の中で特に気になる部分には、塗り込むようにして伸ばします。

 

乗せるだけではなく、浸透させるようなイメージで行うと良いですよ。

 

例えば、乾燥が気になる口元や目元のギリギリのラインや、毛穴が目立ってしまいがちな小鼻やTゾーンなど。

 

気になる悩みが表れている部分に、しっかりとのせていってください。

 

 

塗り終わったら、5〜10分程度、ゆっくりと湯船に入りましょう。

 

いつも通り入っても、パックが流れてしまうようなことはないので安心です。

 

お風呂の湿気と熱で、肌も柔らかくなりますし、パックの効果がアップするので、湯船に入るのはひとつのポイントです。

 

 

時間が経ったら、水かぬるま湯で洗い流します。

 

この時、擦って洗ったり、熱すぎるまたは冷たすぎる水で流すのはNG。

 

肌に負担を与えることになってしまい、乾燥の原因にもなるんです。

 

湯温の調節が細かくできる時には、37〜40℃くらいのお湯にするのがベストです。

 

肌負担もなく、パックも落としやすい温度となっています。

 

 

こうしてパックを終えたら、しっかりと普段通りのスキンケアを行います。

 

この時に、肌の感触を味わってみると、その変化に驚くかもしれません。

 

 

パック自体はたった5〜10分のことですが、その後の肌の美しさはきっと時間には代えられないくらいの衝撃かも!?

 

これは、試す価値ありですよ。

 

⇒100円キャンペーンの詳細はこちらのページで紹介

関連ページ

ミエルドアンジュの「雪肌」成分はコレ!特別なパックをめしあがれ
ミエルドアンジュで雪肌になれるヒミツの成分とは?その美肌効果を支えるミエルドアンジュの成分をご紹介しています。
副作用はない?気になる成分を詳しく解説
ミエルドアンジュには副作用がないのかを解説。成分ごとにご紹介していますので、ミエルドアンジュの副作用が心配な方はご覧ください。